結婚指輪の素材として人気のあるプラチナ。白く柔らかい輝きをはじめとするプラチナの魅力やホワイトゴールドとの違い、指輪の選び方のポイントについてご紹介します。

                          

プラチナの指輪のメリットとは

日常的に身に着け、一生の付き合いになる結婚指輪。そんな結婚指輪に人気の素材の1つがプラチナです。これはプラチナ元素(Pt)をもとにした素材からできている指輪であり、耐久性の高さや柔らかさ、しなやかさがメリットです。プラチナ指輪には大きく分けてプラチナ1000、プラチナ950、プラチナ900という3種類の材料がありますが、そのうち、プラチナ1000は純度99.99%のプラチナからできていることを示しています。プラチナ1000は純度の高さゆえにとても柔らかく、黒っぽい白色をしているため、結婚指輪にはあまり適していません。一方で他金属を5%混ぜたプラチナ950や、他金属を10%混ぜたプラチナ900は、耐久性が上がり、色味も美しい白色となっています。これらを利用した結婚指輪は、適度な柔らかさを活かしたデザインや破損や石の落下がしづらいという耐久性を備えた指輪となるのです。

ホワイトゴールドと何が違うの?

白く輝く金属として、プラチナの他にホワイトゴールドがあります。一見すると似ている2つの金属ですが、違いがいくつかあります。最も大きな違いは素材です。プラチナがプラチナ(Pt)をもとにしているのに対し、ホワイトゴールドは金(Au)からできています。ホワイトゴールドは金に他金属を混ぜることで、色を金色から白色に近づけ、強度や加工のしやすさを向上させているのです。ホワイトゴールドの方がプラチナよりも硬いため、硬さを活かした繊細な細工や、加工のしやすさがメリットといえます。また、経年による色味の違いも大きなポイントです。プラチナ指輪もホワイトゴールドの指輪も、仕上げとしてロジウムという白い金属でメッキをしていることが一般的です。このメッキは経年劣化やキズなどによって剥がれていきますが、プラチナ指輪は元々白い指輪であるため、色の変化はさほど目立ちません。一方で、ホワイトゴールドの指輪であれば、ロジウムが剥がれることで当初より黄色がかった指輪となっていきます。


長持ちさせるのはサイズやデザインも重要

プラチナの指輪を長持ちさせるポイントの1つが、自分の指に合ったサイズを選ぶことです。基本的なことですが、サイズが合わないと落としたり、変形させたりといったリスクがあるので慎重に選んでいきましょう。ブランドによっては0.25号刻みといった細かい刻み方でサイズ展開されているため、1つのブランドで合わない場合は、他のブランドも試してみることがおすすめです。測り方としては、糸を指に巻き付けて重なった部分にペンで印をつける方法が簡単です。ただし、むくみなどによって指の太さが変化するため、1日に何度も測ってみることがポイントです。また、ダイヤモンドなどの宝石をつけたい場合は、爪ありデザインよりも、爪なしデザインの方が石は安定し、破損や落下のリスクが少ないです。 プラチナは希少性が高いため、時期によってはかなり高価なものとなります。家に眠っているプラチナ指輪があれば、一度買い取り業者に査定をしてもらうのも良いでしょう。