結婚指輪や婚約指輪をはじめ、アクセサリー素材として人気のプラチナ。アクセサリーの購入や買取の際に高い価値を付与される金属でもありますが、一体なぜでしょうか。プラチナの特徴やプラチナ指輪のメリット、希少性など覚えておきたいポイントについてご紹介します。

                          

純度によって異なるプラチナの性質

プラチナとは、プラチナ元素(Pt)をもとにした金属のことであり、純度によってPt1000、Pt950、Pt900、Pt850などと種類が分かれています。純度とはプラチナの含有率を指しており、Pt1000の場合はプラチナが99.99%含まれており、Pt950ならばプラチナは95%含まれています。最も純度の高いPt1000では、プラチナは本来の性質を発揮し、とても粘度が高く柔らかい金属となっており、色も黒っぽい白色です。このようにPt1000では、その耐久性や色味からアクセサリーにはあまり向いていないため、他の金属を混ぜて純度を下げたものが使われることが一般的です。指輪に使用されるのはPt950、Pt900あたりであり、パラジウムやルテニウムなどの金属を混ぜることで硬さを増し、色味もより白っぽくしていることが特徴です。

プラチナの指輪を選ぶメリットとは

プラチナの指輪の特徴の1つは、その耐久性です。ゴールドと同じく丈夫な金属であるため、経年による変形・変色のリスクが少なく、汗や化粧品、温泉などに触れてもすぐ変色するという心配はありません。また、柔らかくしなやかな金属であるため、加工にあたっての自由度が高いこともポイントです。フラットタイプであったり、表面加工を施したりと、そのデザインは豊富にあります。他の硬い金属に比べ修理もしやすいため、アフターサポートでサイズ変更などの修理を受け付けている場合も多くあります。見た目が似た金属にホワイトゴールドがありますが、こちらは金(Au)元素をもとにしているため、素材の成り立ちがまったく異なります。ホワイトゴールドの場合は、プラチナよりも強度が高いというメリットがありますが、元々金色に近い色味のリングに、白色の金属でメッキをしているため、経年劣化や衝撃でメッキが剥がれれば変色しているように見えてしまうという特徴があります。メッキは再度かけることができますが、このように経年によっても色味の変化が少ないのがプラチナの魅力です。


希少性の高さもポイント

プラチナはどこでも採取できるわけではなく、産地は世界でもごく一部に限られています。その一方で、携帯電話などの工業製品に欠かせない材料であるためニーズが高く、他の金属と比べても希少性が高い傾向にあります。したがって、プラチナの指輪も価値が高く、時期によっては査定価格も大きく上昇するのです。買取に際しては、純度の高さもポイントになります。純度が高いほど査定価格も上がることが一般的ですが、Pt1000の指輪はあまり多くないため、世に出回っているプラチナ指輪ではPt950が比較的人気が高く、買取の際には高評価を得るといえます。家にしまわれているプラチナ指輪があれば、一度買取業者で価値を査定してみてはいかがでしょうか。