ゴールドと並んで、アクセサリー素材として人気のプラチナ。買取でも高値のつくことが多いプラチナですが、なぜ高い人気や価値を持っているのでしょうか。プラチナの特徴や、純度ごとの性質の違い、一見似ているホワイトゴールドとの区別についてご紹介します。

                          

柔らかくしなやかなプラチナ

プラチナはPtという元素からなる金属であり、白銀色の光沢や他の金属よりも粘度が高くしなやかであることが特徴です。加工しやすいため、アクセサリー以外にも工業製品の部品としてよく使われており、価値の高い金属です。アクセサリーとしてプラチナを使用するメリットは、加工の自由度だけでなく、変色や変質のしづらさにもあります。長期間着用していてもあまり輝きが失われず、汗や中性洗剤、化粧品、温泉などの成分にもある程度耐えることができます。もちろん日頃のお手入れは重要ですが、あまり手間をかけなくても品質が保たれる点がアクセサリーとして人気を得ている理由の1つです。また、柔らかな白銀色の光沢は日本人の肌にもよく似合うため、使う人を選ばないことも魅力の1つといえます。

アクセサリーに使われるのはプラチナ950やプラチナ900

プラチナのうち最も純度が高いものは「プラチナ1000」であり、含有率99.99%を誇っています。しかし、プラチナの特質である柔らかさや黒っぽさが目立ち、耐久性や見た目の面からあまりアクセサリーには使用されていません。アクセサリーとして一般的なのは、含有率95%のプラチナ950や含有率90%のプラチナ900であり、プラチナにパラジウム、ルテニウムなどの金属が混ぜられているものです。これらの金属の作用により、加工しやすさを保ちつつも変形しないだけの強度をもたせ、より白っぽい輝きが発揮されるようになっているため、結婚指輪など日常的に着用するアクセサリーによく使われています。金属の価値はプラチナの含有率に比例するため、購入や買取の際はプラチナ1000やプラチナ950などに高値がつくことが一般的です。


ホワイトゴールドとの違いは?

プラチナと似た見た目の金属に、ホワイトゴールドがあります。これは金(Au)にシルバーやパラジウムを混ぜて、強度を上げ白色に近づけた金属で、プラチナと同じく耐久性が高いためアクセサリーとして人気の素材です。ホワイトゴールドの方が硬いため、細かな彫り込みなど、表面の張りを利用したデザインに適しています。また、基本的にはプラチナよりもホワイトゴールドの方が軽いため、プラチナ指輪の着用に負担を感じた場合は、ホワイトゴールドを選ぶこともおすすめです。なおプラチナもホワイトゴールドも、仕上げとしてロジウムという白い金属でメッキをかけています。これが経年劣化やキズで剥がれた際に、プラチナであれば元々白いためあまり変色が目立ちませんが、ホワイトゴールドはやや金色がかっているため、変色が目につくことがあります。メッキは修理によってかけ直すことができますが、なるべく変色させたくない場合はプラチナを選ぶと良いでしょう。このように、他の金属とは異なる性質が評価されているプラチナですが、もし使っていないプラチナのアクセサリーがあれば、買取業者などで査定してもらって価値を把握しておくこともおすすめです。