結婚指輪などのアクセサリー素材として人気のプラチナ。プラチナには純度に応じてランクがあり、価格や加工のしやすさが異なっています。プラチナの純度についてポイントをご紹介します。

                          

プラチナの特徴を知ろう

プラチナとは、プラチナ(Pt)をもとにした白銀色の光沢が魅力的な金属です。結婚指輪や婚約指輪をはじめとした、高級アクセサリーの素材として高い支持を得ていますが、人気の理由の1つは耐久性にあります。プラチナは金と同じく丈夫な金属であり、経年や他の成分による変質・変色を起こしにくいことが特徴のため、家事や温泉などでもさほど輝きが失われません。また、プラチナは柔らかくしなやかな特性を持っているため、ミルグレインなど表面への加工もしやすくなっており、このデザインの自由度も人気の理由の1つです。他の硬い金属と比べ、購入後のサイズ変更などの修理もしやすいため、プラチナは一生かけて付き合えるアクセサリーとなっているのです。さらに、白銀色の輝きが日本人の肌にも似合いやすいこともプラチナアクセサリーを希望する人が多い理由となっています。

指輪でよく使われるのはPt950やPt900

プラチナの純度は、最高レベルのPt1000から、Pt950、Pt900、Pt850、Pt800などと種類が分かれています。純度とはプラチナ(Pt)の含有量のことであり、Pt1000であれば99.99%のプラチナ、Pt950は95%のプラチナ、Pt900は90%のプラチナが含まれています。最高純度であるPt1000は、他の金属の要素がほぼないため、プラチナ特有の柔らかさや黒みがかった白色が目立っており、耐久性や輝きが求められるアクセサリーにはあまり使用されません。指輪などでよく使われるのは、プラチナにパラジウムなどを混ぜたPt950、Pt900程度のランクであり、これらはプラチナの柔らかさを活かしながらも他金属によって耐久性を高め、輝きもより美しい白色になっています。一方で、買取の場合は純度が高い方が評価される傾向があるため、査定ではPt1000やPt950などが高い価値をつけられます。


Pt950とPt900の違いとは?

一般的に、カルティエやティファニーなど海外のジュエリーブランドは、Pt950のプラチナを使用しています。これは海外の法律により、プラチナジュエリーはPt950にすることが定められているためです。Pt950はPt900に比べプラチナの含有量が多いため、より柔らかくてデザインの自由度が高いという特徴があります。しかしプラチナ加工には熟練の技術が必要であるため、純度が上がりデザインが精巧になるほど、作業時間や価格は上がっていきます。一方で、Pt900はプラチナと他金属のバランスが良く、安定的に加工できる点がメリットなので、日本国内のブランドではPt900を用いるアクセサリーも多く販売されています。価格面では、Pt950の方がPt900よりも高価であり、目安としては1グラムあたり100円ほどの差があります。Pt950やPt900のアクセサリーは査定価格も高い傾向があります。家で使用していないプラチナアクセサリーがあれば、一度買取業者に見てもらうのも良いでしょう。