ブランデーなど洋酒は贈答品として贈られる事も多いです。あまりお酒を飲まない方ならずっと棚に飾っている場合も多いのではないでしょうか。ブランデーは歴史のある伝統的な蒸留酒で、品質維持のため製造法や原材料にも厳格な基準が設定されています。製造者のこだわりや特徴を知ればもっと魅力が広がります。

ブランデーの歴史はヨーロッパにあり

ブランデーはワインを蒸留して製造するところに特徴があり古くから存在していました。 文献として残っている中で最も古いものでは、13世紀のスペインで医者のアルノードビルヌーブが、気つけ薬として使用していたという記録が残っています。本格的に生産が開始されたのは15世紀のフランスで、現在のジェール県とランド県のあたりに存在していたアルマニャック地方や、現シャラント県のコニャック地方のほか、リンゴや洋なしが特徴のブランデー・カルヴァドスの産地として有名なノルマンディー地方などが名だたる拠点となっていました。17世紀以降は産業としても発展を遂げ、日本へは19世紀末頃、旧幕府軍の幹部・榎本武揚によって伝わりました。産地はブランデーのブランド名として現在も使用されており、それぞれ個性的な特徴を持っています。

原材料に対する強いこだわり

ブランデーは産地や製造法、原材料によってブランドが厳格化されています。コニャックはユニブランという品種のぶどうを使用し、単式蒸留機による2度の蒸留が行われます。更に最も土壌が良いとされる、グランドシャンパーニュ産のぶどうを使用したものが最上位のブランデーとされるなど、ぶどうの産地によって6段階にランク分けされていることも大きな特徴です。ノルマンディー地方やブルターニュ地方で製造されているカルヴァドスは、リンゴや洋なしを原材料としているブランデーです。香りが特徴的なため、ケーキなどのお菓子に良く使用されています。

蒸留方法や製造過程にも違いがある

蒸留方法の違いも、ブランデーの特徴の一つです。アルマニャックは蒸留の際に半連続式蒸留機を使用し、じっくりと時間を掛けて1度だけ行います。全てがアルマニャックとして製造されるわけではなく、製品の品質保証アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレによって認証されたものだけが、ブランデー・アルマニャックとして販売が許可されています。一方、コニャックは、シャラント式の単式蒸留機を使用するのが特徴で、2段階の蒸留が行われるブランデーです。蒸留の際に直火を使用することも特徴で、不純物を完全に取り除くため3度の初留と1度の再留を行い、約24時間かけて製造します。