ウイスキーの定義は各国で異なっています。熟成年数や原料、そして製法などが各国ごとに定義付けなされておりますが、一般的には「穀類を原料とし、糖化、発酵した後に蒸留を行って、木製樽にて貯蔵熟成させてできたお酒」です。

ウイスキーの原料で変わる風味の特徴

ウイスキーの特徴は原料に大麦や小麦などを原料としています。原料によってウイスキーの風味は変わってきます。大麦の麦芽だけを原料としているのが、モルトウイスキーです。一方で、大麦に加えて、小麦やトウモロコシなども加えて作ったものは、グレーンウイスキーとして分類されます。モルトウイスキーに比べて特有の香味が和らぐ特徴があり、モルトではきついと感じる人にオススメです。

シングルモルトとブレンデッドの特徴の違い

ウイスキーの風味の特徴は、原料以外にも違いが表れる要素があります。シングルモルトは、一箇所の蒸留所のモルトウイスキーで作られたもので、蒸留所の特徴が強く全面に表れる特徴を持っています。スコッチは特に顕著で同じ銘柄でも好き嫌いが分かれるものが多く存在します。他方、複数のウイスキーをブレンドして作られたものは、ブレンデッドウイスキーと呼ばれます。ブレンデッドは、風味のバランスを重視しているのが特徴で、シングルモルトとは異なる風味を持ちます。

世界の各産地でのウイスキーの特徴

ウイスキーの一つの特徴が、風味は原料で変わるということです。日本ではモルトウイスキーやブレンデッドウイスキーが中心に好まれているので、この二つのウイスキーの特徴をご紹介します。 まず、モルトウイスキーは原料を大麦の麦芽としており、麦芽を乾燥させるために泥炭を焼き独自の香りをつけて、単式蒸留機を使うのが特徴です。そして、ブレンデッドウイスキーの特徴は、原料にとうもろこしなど使用したグレーンウイスキーとモルトウイスキーを組み合わせたものとなり、絶妙にブレンドすることで香りや味のバランスをとっています。