日本特有の文化や風習というものは多いですが、『乾杯』の文化は世界各国で見ることができます。お祝いごとや飲みの席で頻繁に用いられる乾杯という風習に疑問を持ったことがある人もいるのではないでしょうか。ここでは、乾杯という風習が始まった起源やその歴史についてご紹介していきます。

                          

日本における乾杯の起源

日本における乾杯の起源は江戸の幕末である1854年にさかのぼります。この時代、日本はイギリスと初の条約である日英和親条約(英約定)というものを締結しました。この条約の締結に際してイギリスから派遣されたのが、スコットランド貴族であったエルギン伯爵です。エルギン伯爵は幕府との会談の後に開かれた晩餐会の席で『我が国では国王の健康を祝して、杯を交わす習慣がある』という趣旨の発言をします、このとき、日本にはこのような風習がなかったため困惑しながらも付き合い程度にやったのが現在の乾杯の始まりだとされています。これ以降、乾杯という風習は日本でも独自の発展を遂げます。西洋文化が日本に急激に広まった明治時代になると軍隊を中心に乾杯の風習が広く行われるようになりました。この当時はまだ『乾杯』という掛け声ではなく、『万歳』といっていたようですが、次第に言葉は変わり、杯の中を飲み干すという意味の『乾杯』が使われるようになったのです。今では誰もが気軽にする乾杯ですが、起源をたどってみると格式高い席が発祥だったのです。

乾杯そのものの発祥は?

日本での乾杯の起源は分かりました。それでは乾杯そのものの起源はどこにあるのでしょうか。これには諸説あり、時期的にもいつ頃なのかは正確に分かっていません。今現在、有力説として言われているものには、『毒の混入を調べるため』というものがあります。杯の中に入れられた酒などの液体に毒が混入していないということを証明するために、お互いの杯を勢いよくぶつけ、杯の中を交じり合わせるというものです。これは時代が経つにつれて本当に勢いよくぶつけなくても、相手への信頼や証明という意味を込めて行われていたという説があります。もしくは、グラスをぶつけて高い音を立てることで悪魔を払うという宗教的な意味合いもあったようです。どれも現代のお祝いの席で行われる乾杯の意味とは程遠い意味合いを持っています。


乾杯と献杯の違い

乾杯と似た言葉に献杯というものがあります。この献杯は一般的に、葬儀や慶弔などの場で用いられ、乾杯が言い換えられたものです。呼び名が変わる以外にも、献杯では実際にグラスをぶつけ合わせないでその場でグラスを持ちあげながら『献杯』の掛け声をするという違いがあります。また、献杯をした後は一言も話すことなく、沈黙で酒を飲み干すなどの違いもあります。一般的には不祝儀で用いられるものではありますが、献杯も敬意を示すものであるため、地域によってはお祝いごとの席でもあえて献杯を用いるところもあるようです。現代では、乾杯という言葉自体に祝いの意味が込められることが多く、さまざまな場面で使われるようになっています。乾杯の風習は場所が違えば国内でもさまざまな作法があります。海外に行けば、その土地独特の乾杯の作法があり、とても興味深いのです。