お酒を飲むときに一緒に摂取する食物のことを「酒の肴」と言いますが、「肴」と言えば当然「魚」を想起するでしょう。今回は、その語源について紹介します。

酒と一緒に魚が多く食べられていた

そもそもの語源は「酒菜」になります。酒と一緒に食べる菜、つまりおかずのことを「さかな」という音で読んでいました。これは魚類に限らず酒の席で用意されていた食物全般を指していますが、昔はそれに魚類が多かったのです。酒菜が転じて「肴」となり、それに魚類が多かったため「魚」の読み方が「さかな」となりました。古くは「魚」は「うお」または「うを」と呼ばれていましたが、江戸時代頃から酒席で呼ばれるようになり、「さかな」の呼び方をする人が増えました。また、元々は塩やスモモ、味噌が酒席で出されることが多かったようです。また、食べ物に限らず、酒席に興を添える話題や事柄も酒の肴と呼ばれます。酒席を盛り上げるためなら話題の良し悪しは関係なく、その話題で酒を楽しむことに重点を置いているため、後々に「あの話題は酒の肴になった」というような使われ方をします。関西では、「酒にあてがうもの」であることから「アテ」と呼ぶこともあります。また、メジャーな呼び方ではつまみが有名で、これは酒と一生に「つまむ」食べ物だという意味が語源になっています。

どんなお酒を飲むかで肴は変わってくる

ビールにはスパイシーな肉料理、和食には日本酒、洋食にはワインなんていう酒と食事の食べ合わせについては、基本的にその土地でつくられた酒と肴、すなわち食事が合うとされています。しかし、近年では法則に反してはいるものの意外と美味しい食べ合わせにも注目がされています。例えば、ワインについては強い香りを放つカレーは通常合わないとされていました。しかし、品種や産地によってはピッタリ合うワインがあることもわかっています。酒、特にワインと食事を合わせることをマリアージュと言い、これは酒と食事の結婚を意味する言葉が語源となっています。原則として古くからその土地で食べられてきた食事はその土地の気候や風土を反映したものが多く、同じように酒についてもその土壌の性質が反映されるために食事に合うのです。


お酒を楽しみたいときは?

美味しいお酒は世界中にたくさんあります。その価格についてはピンきりですが、特別な日にはちょっといいお酒を飲みたいなんて思ったりもしますよね。でも今、手持ちが少ないという場合は、自宅にもし着ていないブランド服が眠っていたら買い取ってもらって資金をつくるという方法もあります。ブランド服はデザインや人気の高さ、需要によっても買取価格が変わってきます。定番で人気が高いものの場合、例え古いものでも状態が良いものの場合高価で買取してもらえる場合があります。タンスに眠っていて今後着る予定がないのなら、そういうものを売って美味しいお酒を買うための資金にするのは堅実な方法です。クリスマスや正月、誕生日、ハロウィンなど大きなイベントがあって記念に残るようなお酒を飲みたいなというときは、イベントの前にちょっとタンスの奥にいらないブランド服が眠っていないかどうか探してみてもいいかもしれません。