スイスの腕時計メーカー・ロレックスが製造販売している腕時計「ロレックス」。その重厚で洗練されたデザインによって、長年にわたって世界中の人々に愛されている腕時計として有名です。ロレックスをオーバーホールしてもらう際のメリット、デメリットについて紹介します。

正規の会社に頼むのが一番安心!でも値段はいくらくらい?

ロレックスが壊れた場合やオーバーホールを頼みたい場合、無難なのが正規の会社である日本ロレックス社にお願いすることです。自社の製品ですからロレックスに精通しており、ロレックスに関するエキスパートたちが揃っています。そして、製造から30年以内のモデルであれば、ロレックスに関するすべての部品のストックが大量に用意されているので、どんな故障でも安心してまかせられることができます。ロレックスに関する知識、技術、部品をすべて兼ね備えて安心して任せられるというのがメリットだとすると、デメリットはメンテナンス料金が高額ということがあげられます。ロレックスは高級腕時計ですから、そのメンテナンス料も決して安くはありません。オーバーホールを依頼するだけでも高額ですが、その際にロレックスに不具合が発見された場合は、さらに修理代が要求されます。高くついた場合、料金が10万かかることもあります。

安くすませたい場合は、民間の時計修理店へ!でも大丈夫?

オーバーホールを安くおさえたい方は、日本ロレックス社以外の民間の時計修理専門店を利用するという手があります。修理屋にもいろいろなタイプがあり、修理代、オーバーホール代も特定はできませんが、日本ロレックス社にお願いする正規のオーバーホール代よりも安くおさえることが可能で、3割ほどは安くすることが予想できます。メンテナンス代が安くできることがメリットだとすると、デメリットは「修理、オーバーホールの技術が確かなものとはいえない」ということがあげられます。 民間の時計修理専門店はさまざまな種類があります。しっかりとした技術と良心的な価格で修理、オーバーホールを行っている業者もいれば、専門の工具も揃えておらず、あいまいな請求で修理代、オーバーホール代を請求する業者もいます。いいかげんな業者の場合、乱暴にロレックスを扱い、大事なロレックスに傷をつける業者もあるようです。民間の修理屋でのオーバーホールを希望する場合は、まずはどんな修理屋があるかいくつか調べてみて、お店の評判などを事前に知っておくことが大切です。良心的に営業をしているお店もあるので、ロレックスに関する確かな知識と修理、オーバーホールに関する技術を持った修理屋を探すことが大事なことです。


ロレックスのオーバーホール以外の選択肢である「買取」はいかがですか?

ロレックスが壊れてしまった、または何年も使用して古くなってしまった場合、オーバーホールに出して修理してもらうという以外の選択肢として、買取サービス業者に買取をしてもらうという選択肢があります。今は高級時計専門の買取サービス業者もいくつも営業しており、ロレックスの買取を強化しているお店も少なくありません。高級時計に関する確かな知識を持ったバイヤーによって、安心して買取の査定を任せられます。当日にお店に行っても短時間で査定が終了するので、時間がかかることはなく、楽に買取の取引ができます。高級時計のロレックスですから、決して安い金額ではない買取をしてくれるはずです。買取でできたお金で、新たに新しいロレックスを購入してみてはいかがでしょうか。