スイス高級時計の老舗として、世界中の人々に愛されている腕時計界の一流ブランド「ロレックス」。日本でも愛用者の多いこの腕時計は、創業時から革新的なアイデアを次々と導入し、今の確固たる地位を築きました。ここでは、ロレックスの歴史を紹介します。

実は英国からスタート!ロレックスの歴史

1905年、イギリスに時計を輸入する仕事をしていたハンス・ウィルスドルフが、ロレックスの前身である「ウィルスドルフ&デイビス」という会社をイギリスに設立します。スイスのイメージが強いロレックスですが、始まりはイギリスだったのです。当時は懐中時計が主流でしたが、これからの時代は腕時計が主流になると予想したウィルスドルフは、1907年に会社をスイスに移動します。それから本格的に腕時計のデザイン、製造を開始し、翌年にはついに自社ブランドである「ロレックス」腕時計が製造、販売されました。1915年には社名を現在の「ロレックス」に改名。ウィルスドルフの予想は的中し、時代は懐中時計から腕時計の時代へと移行します。そして、ロレックスはいくつもの革新的なアイデアを生み出していきます。

今までの時計の欠点を改善!時計の機能性に革命を起こす!

ロレックスは、その重厚で美しいデザインもさることながら、日常で使用する時計の機能性の向上に努力を注ぎ込みました。当時、主流だった懐中時計は水や湿気、ほこりに弱いという欠点がありましたが、それを改善したのがロレックスです。1926年に「オイスターケース」を発表し、特許を獲得します。オイスターとは牡蠣のことですが、牡蠣のように固い貝殻で内部を守っていることから、この名称がつきました。世界で最初の防水腕時計として、水だけでなくほこりなどから内部の精密機械を守るオイスターケースは世界中の人々に驚きを持って迎えられました。そして1931年には、内部のローターを手巻きではなく自動巻きに改善した「パーペチュアル」、1945年には、時計の文字盤の右端にその日の日付が表示される「デイトジャスト」機能が発表されます。この3つの発明によって、ロレックスは時計界に革新を起こし、現在の一流ブランドとして不動の地位を築くこととなったのです。現在も、ゴージャスでありながら洗練されたデザインは、ビジネスの場からカジュアルな場まで世界中の多くの人に愛用され、創立から100経っても今なお絶大な信頼を得ているブランドとして愛されています。


使わなくなったロレックス、どうする?そんな時は買取サービスを利用しよう

一流ブランド腕時計として、今なお世界中で人気を集めているロレックス。しかし、長年にわたって使用してすっかり古くなった、または壊れてそのままにしてしまったという方もいることでしょう。そんな時は買取サービス会社を利用して買取をしてもらうことが、処分するよりもおすすめです。ロレックスは購入した時は高かったが、買取の時はそんなに高い値段はつかないのでは、と思っているロレックス愛用者の方はいると思いますが、ロレックスは世界的なブランドでありながら年間の流通量は決して多くはない腕時計です。ですから、買取業者や中古業者の間では、販売用のロレックスは品薄となっている状態なのです。ロレックスの買取を強化している業者も少なくはないので、これを機に所有しているロレックスを買取してもらい、思わぬ臨時収入を得てみることをおすすめします。