壊れた腕時計は査定できないという思い込みをしてはいませんか。確かに10万円程度の腕時計ではその様なケースもありますが、ブランドの腕時計になれば話は別です。ここでは、壊れた腕時計の価値について考えてみます。

壊れた腕時計を査定に出そう!

壊れた腕時計であっても買い取りをしてもらうことは十分可能です。ロレックスやオメガなどの高級時計は素材自体が一級品であり、人気モデルの場合はアンティーク品としての価値も期待できます。これらの製品であれば、例え壊れていても驚くほど高く買い取ってもらえることがあります。わざわざお店に出向かなくても、写メールやLINEで大まかな査定額を出してくれる時計買取店も増えてきています。通常の宅配買い取りと同じ様に査定にかかる費用はゼロという店が多いので、気軽に査定依頼できるでしょう。昔購入したブランド物の腕時計が家に眠っているという方はぜひ一度査定に出してみることをおススメします。

買取店任せは危険?腕時計の価値は自分でも調べよう!

ブランド物の腕時計は中古品であっても、自分の想像以上に資産価値が高い場合があります。腕時計を査定に出すのであれば、自分自身でもある程度、その価値を把握しておく必要があるでしょう。既に発売が終了しているものや販売期間が短かったものは、プレミアがついている可能性が高いです。しかし、チェーンの総合買取店やリサイクルショップでは、時計のプレミア性を考慮しない場合があります。もし不安であれば、信頼できる『腕時計専門店』で売却するのが良いでしょう。腕時計の相場はインターネットで調べればある程度わかりますし、複数の業者に対して査定を依頼することで妥当な買い取り価格を知ることができます。価値が非常に高い製品でも箱や取扱説明書がない場合は、査定額を下げる理由にされることがあるので注意してください。付属品は全部揃えておくことが望ましいでしょう。壊れている腕時計でもバンド、ガラス部分などのメンテナンスはしっかり行いましょう。壊れている部分以外を美しく見せることでより高値で売ることができます。


壊れた腕時計を修理する時は要注意!

壊れた腕時計を修理することで、もっと高く売れるのではないかと考える方もいるかもしれませんが、それはよく検討した方が良いでしょう。修理を行う際に元々あった部品を差し替えたりすると、逆に価値が下がってしまうことがあります。修理はリスクを伴うので、まずは壊れたまま査定してもらった方が無難なのではないでしょうか。また、買取業者は修理のプロであることも多いです。壊れた時計を売却せずに、修理してもらって使い続けるという選択肢を取ることが可能なお店もあります。愛着のある時計はなかなか売る時の踏ん切りがつかないものです。修理できないと分かった時点で査定してもらった方がすっきりした気持ちで手放せるかもしれません。買い取り時には、自動車免許証や健康保険証など身分を証明するものが必要になるので、事前に確認しておきましょう。ブランド物の腕時計は壊れていても資産価値が高いものです。高額買い取りしているくれるお店はたくさんあるので、積極的に見積もり依頼をしてみましょう。