「お酒」タグの記事一覧

ウィスキーの名前の由来は?意外と知らないお酒の起源!

ウィスキーは有名ブランドでも比較的安価で手に入るものが多く、お酒好きにとってはありがたいお酒といわれています。それに加え、バーなどに足を運んだ時にでもそのお店や土地によって置いているお酒はバラバラですが、ウィスキーはどこも同じようなものが揃っていることも多いので、お店でのお酒選びという観点からもとても重宝するといわれています。ここでは、ウィスキーにまつわる雑学をご紹介します。 もともとビールだった?知っておきたいウィスキーの基本知識! 日本でも大変人気があるお酒であるビールですが、ビールとウィスキーは見た目こそ大きく違えども、実は親戚なのです。もともとビールとして飲まれていたお酒を当時...

ブランデーの歴史や名前の由来は?オシャレな飲み方も伝授!

ブランデーというと高級酒というイメージの強いお酒で、あまり飲む機会も少ないはずです。居酒屋などでもブランデーを置いているお店は少ないので、バーなどに行かない限りお目にかかる機会はあまりないでしょう。ここでは、ブランデーに関する知っておきたい知識を簡単にご紹介します。 ブランデーの歴史 ブランデーはぶどうを原料として発酵させたお酒を蒸留することによって作られます。ぶどうを原料とするお酒といえばワインが有名ですが、ブランデーとワインは製法的にはほぼ違いがありません。簡単にいうと、ワインをさらに蒸留したものがブランデーと呼ばれています。ブランデーはフランス西南部のコニャック地方が発祥です。こ...

「酒の肴」の意味って知っていますか?

お酒を飲むときに一緒に摂取する食物のことを「酒の肴」と言いますが、「肴」と言えば当然「魚」を想起するでしょう。今回は、その語源について紹介します。 酒と一緒に魚が多く食べられていた そもそもの語源は「酒菜」になります。酒と一緒に食べる菜、つまりおかずのことを「さかな」という音で読んでいました。これは魚類に限らず酒の席で用意されていた食物全般を指していますが、昔はそれに魚類が多かったのです。酒菜が転じて「肴」となり、それに魚類が多かったため「魚」の読み方が「さかな」となりました。古くは「魚」は「うお」または「うを」と呼ばれていましたが、江戸時代頃から酒席で呼ばれるようになり、「さかな」の...

意外と怖かった乾杯の起源!毒を???

日本特有の文化や風習というものは多いですが、『乾杯』の文化は世界各国で見ることができます。お祝いごとや飲みの席で頻繁に用いられる乾杯という風習に疑問を持ったことがある人もいるのではないでしょうか。ここでは、乾杯という風習が始まった起源やその歴史についてご紹介していきます。                            日本における乾杯の起源 日本における乾杯の起源は江戸の幕末である1854年にさかのぼります。この時代、日本はイギリスと初の条約である日英和親条約(英約定)というものを締結しました。この条約の締結に際してイギリスから派遣されたのが、スコットランド貴族であったエルギン伯...

意外に知らない、ウイスキーができるまで

原料や製造方法によって様々な顔を見せてくれるのがウイスキーの魅力です。モルトウイスキー、グレーンウイスキー、ブレンデッドウイスキーという代表的な3種類について、製造方法や特徴をご紹介します。                            モルトウイスキーができるまで モルトウイスキーとは一般的に、大麦を原料にしたウイスキーのことですが、蒸留所のある国によって表記の基準が異なります。たとえば、スコッチウイスキーの場合は大麦麦芽のみを原料としていること、アメリカンウイスキーの場合は原料の51%が大麦であることが「モルトウイスキー」と表記するための条件です。スコッチウイスキーにおけるシ...

終始笑顔で元気良く対応してくれました。

亡くなった父がお酒をよく飲む人で、よく周りの方からウィスキーやブランデー等を頂いていました。家族はほとんどお酒を飲まないので、のこされたお酒を処分するか知人に譲るか考えていました。ある知人にそのお酒について話をしたところ、お酒なら買い取ってくれるところがあるよと教えてくれたのが御社でした。査定してくれたスタッフの方は終始笑顔の明るい方で、生前の父を少し思い出すところもあって御社に買取をお願いすることに決めたのでした。また何かあればお願いします。...

ほぼ希望通りに売ることができて良かったです。

普段からお酒を良く飲むのですが、スコッチウィスキーがそのなかでも好きで良く購入していましたが、昨年体調を壊してお酒をやめることにしました。他の方に譲ることも考えたのですが、どうせなら売れるところがないかと思い色々調べていました。そこで、いろいろな物を扱っていて、家まで査定する方が来てくれる買取プレミアムさんへお願いすることにしました。 査定する方は親身になってウィスキーのお話もしてくれて、希望通りの結果にもなったので本当によかったです。...

初めてお酒の買取を利用しました。

今までお酒を買取ってもらったことがなく、今回が初の体験でした。お酒はブランデーやウイスキーなどの洋酒で全て頂き物でしたが、もう飲む機会もなく処分したかったのです。いくつか買取の業者に査定を依頼しましたが、その中で一番迅速に対応して頂けたので、買取プレミアムさんにお願いしました。 出張買取で来ていただいたので、自分で梱包をしたりお酒を抱えて持って行く手間が省けたのも便利でした。 また機会があれば来てもらおうと思います。...

飲まないお酒の保管方法

頂き物や好みが合わないお酒があった場合、どのような保管方法が最適なのでしょうか。 保管方法の前に、早めに飲み切ること お酒は保管方法により味が変わるものもございますが、仮にお酒を開封した場合には、お早めに飲みきってしまうことがポイントです。なぜ早めに飲んでしまうことがポイントかというと、一度栓をあけてしまうことで、急激に酸化が進んでしまい、せっかくの美味しい味や風味が劣化してしまうからです。もちろんお酒はアルコールですので、腐るということはありませんが、おいしくお酒を飲むためにも、保管方法だけでなく、開封後は早く飲むことをオススメします。 様々な保管方法 お酒にはそれぞれの種類...