「ダイヤモンド」タグの記事一覧

鑑定書付きのダイヤモンドなら、買取査定も高め!

最近では金やプラチナ、そしてダイヤモンドといった宝飾品が高値で取引されています。背景にはアジアを中心とした新興国でのダイヤの需要が高まっていることもあり、特に「鑑定書」がついた高価なダイヤモンドは高額な取引がされているようです。 鑑定書付きのダイヤモンド、10年以上使う? 高級なダイヤモンドほど、鑑定書がついているイメージがあります。実際のところ鑑定書をつけるにはそのダイヤを精密に調べ、プロの鑑定士が確認した上で文書を作成するわけですから手間とコストがかかります。ですから、鑑定書がついているダイヤモンドは0.2カラット以上のダイヤモンドが多く、高級品のダイヤと言って良いでしょう。しかし...

鑑定書なしの中古のダイヤモンドは価値がある?

宝石は、大きなものでも値段がつかない石もあります。そうした宝石と比較すれば1カラット以下でも値がつきやすいダイヤモンドは、財産として持つ価値が十分です。ダイヤモンドを購入する時や手放す場合の注意点を抑えておきましょう。 普段使いなら自分の気に入ったものを買う ダイヤモンドは小さなものを集めて使うメレダイヤから1つでも存在感のある大粒のものまであります。一般的にファッション用として使用されているものは、メレダイヤから1カラット前後のものが多いようです。婚約指輪など儀礼的な意味合いで贈るものやパーティーなど華やかな場所で着けるものは、1カラット以上の高価なものが好まれる傾向があります。5カ...

ダイヤモンドを持つなら知っておきたい「鑑定書」と「鑑別書」

ダイヤモンドは高価なものだけに購入には慎重になりたいところですが、どんなことに気を付けて買えば良いのでしょうか。基準となるのが鑑定書と鑑別書です。勘違いしやすいこの2つについて簡単にご説明します。 ダイヤモンドだけに発行される「鑑定書」 宝石を購入したときについてくるのが「鑑定書」や「鑑別書」です。さらに「保証書」などもあるので、それぞれの違いが分かりにくいかもしれません。鑑定書とは、ダイヤモンドの性質やどのような研磨がほどこされているか、どのランクに位置づけられるものかが記載されています。ダイヤモンド・グレーティング・レポートとも呼ばれることからも分かるように、ダイヤモンドだけに発行...

過去最高額のダイヤモンドがオークションで落札!その金額とは?

ダイヤモンドは、宝石の中でも特に希少価値が高いとされ、多くの愛好家に好まれています。美しく均一にカットされた表面で屈折する光の輝きは大昔から人の心を奪ってきました。そんなダイヤモンドの中で、オークションにおいて最高額が付けられたダイヤモンドがあるのです。 過去最高額は大粒のブルーダイヤモンド 2016年にスイスのジュネーブで行われたオークションで、過去最高額のダイヤモンドが落札されました。このダイヤは通常の無色透明なダイヤモンドとは違い、青い輝きを放つブルーダイヤモンドという種類のもので、金額にして5683万7000スイスフラン、日本円に換算すると約63億4000万円という金額です。こ...

天然?合成偽物?偽物ダイヤモンドを見分けるためのポイントとは?

ダイヤモンドの婚約指輪に憧れる女性は多いのではないでしょうか。ダイヤモンドは人気が高いため、偽物の合成ダイヤモンドが市場に出回っていることもあります。誤って偽物を購入しないためにも、天然・合成ダイヤモンドの特徴について説明します。 天然ダイヤモンドの特徴について 天然ダイヤモンドは屈折率が高く、ルビーやサファイアなどの他の宝石と比べても非常に高い数値となります。地球上で最も硬い鉱物とされ、傷がつきにくいのも特徴です。黄色や茶色などの色味があったり、異物(内包物)が混ざっていたりすることがあります。クオリティが高いダイヤモンドは、限りなく白に近く異物の混入がないものもありますが、非常に稀...

家庭でもできる!偽ダイヤモンドの見分け方

ダイヤモンドは、数ある宝石の中でも最も高価なものとされています。しかし、一攫千金を狙おうと偽物が跡を絶ちません。せっかく高いお金を出して買ったダイヤモンドがただのガラス玉だと分かれば、目の前が真っ暗になってしまうでしょう。そこで、素人でもできる簡単な偽物の見分け方について説明します。 ダイヤモンドの硬度を利用した見分け方 ダイヤモンドの最大の特徴は、何と言っても飛び抜けた硬さです。地上のあらゆる物質の中でダイヤモンドより硬いものは、ウルツァイト窒化ホウ素 などといった特殊なものがわずかにあるだけです。そこで、その硬さを利用して真偽の判定が行われます。例えば、指輪に使われているダイヤモン...

高価買取に期待ができる!ダイヤモンドを売るタイミングとは!?

ご家庭に眠っているダイヤモンドはありませんか。デザインの古くなった宝飾品や片方だけのピアスなど、実は使わなくなったダイヤモンドというのは探せば意外と出てくるかもしれません。最近ではダイヤモンドが高値で買取されていることが多く、不要なダイヤが見つかれば今が売るタイミングと言えそうです。 ダイヤモンドは今高値で買取されている 買取サービスではさまざまな商品を取り扱っていますが、中でも注目されているのが「ダイヤモンド」です。言わずと知れた宝石の王様ですが、最近アジアを中心とした新興国でダイヤの需要が高まっています。しかし、新たなダイヤを掘り起こすのは限られた地域でしか見つけることができず、限...

ダイヤモンドと言えばエンゲージリング!その買取相場とは!?

婚約を意味するエンゲージリング。購入した当初は喜びに光り輝くダイヤの指輪ですが、実は身近に着ける機会というのは少なく、家で眠らせている人が多いようです。そこで最近では、このダイヤモンドのエンゲージリングを買取に出す人もいます。では、その買取相場とは一体いくらほどなのでしょうか。 ダイヤモンドのエンゲージリング、買取査定に出してみよう エンゲージリングを買取に出すのは抵抗がある人もいるかもしれません。しかし、エンゲージリングの多くは立派なダイヤモンドがついており、ダイヤを高値で買取している現在では査定に出す方も多くいます。美しいエンゲージリングですが、実はその使い道というのはあまりありま...

ダイヤモンドの流通量と流通ルートを徹底解説!

透明な輝きが美しいダイヤモンドは、日本人にも人気があります。ダイヤモンドの原石が採掘され、宝石として消費者の元に届くまでには多くのプロセスを経ています。ここでは、ダイヤモンドの流通ルートや流通量、高く売るためのポイントについて解説していきます。 ダイヤモンドの流通ルートとは? ダイヤモンドの産出は、アフリカ大陸やオーストラリア、カナダ、ロシアなどが主要な生産地になっています。ダイヤモンドの産出国がそのまま販売国になるわけではなく、いくつかのプロセスを経て宝石として販売されます。まず、世界中で採掘された原石のほとんどがダイヤモンド採掘会社であるデビアス社に集められて一括購入されます。そし...