新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当社査定員はマスク着用・手指消毒をはじめとして徹底した対策を実施しております。対策について

「トップ」タグの記事一覧

切手の保存状態

切手買取において、査定に出された切手がどのような状態なのかという点は重要なポイントです。要らなくなった切手の処分を考えたとき、一円でも高く買取ってもらいたいな、と思うものです。少しでも高く買い取って欲しいと思うならば、切手の保存状態は必ず押さえておくべきポイントと言えます。また、切手買取においては切手の状態は特に考慮すべきポイントですので是非参考にして下さい。 切手の保存状態で買取額が大きく変わる 切手の保存状態は、切手の査定額を大きく左右させます。どんなに貴重で付加価値が付いた切手でも、保存状態が悪ければ査定額は相場よりマイナスになってしまいます。切手収集家の場合、切手を素手で触...

着物の買取価格はどのくらい?買取相場と高く売るコツを徹底解説!

ご自宅の掃除や遺品整理で古い着物が出てきたとき、処分するのではなく、着物買取を利用する方の数は増えてきています。 着物を新品で仕立てると、数十万円から高いものだと数百万円かかることもあるため、なんとなく高く売れるのではと思う方も多いのではないでしょうか? 実際の着物買取では、いくらくらいで取引されているのでしょうか。今回は気になる着物の買取価格をご紹介します。 着物を売るときにはある程度の相場を押さえてから査定に臨まないと思わぬ損をしてしまうこともありますので、買取までにチェックしておきましょう。 また着物を高く売るためのコツもご紹介していますので、ぜひ参考にし...

素材と買取価格の関係

着物買取をおこなっている業者が、査定をするときにチェックしているところのひとつに、素材があります。 着物買取業者が扱う着物の素材は、基本的に正絹のみとなっています。正絹が着物の基本的な素材となっているからです。 売りたい着物の中に正絹ではないものが混ざっていたら…素材が違うものは売れないのかというと、そういうわけではありません。正絹の着物がある程度あれば、正絹ではないものも買取している業者もあります。ウールや化繊であっても大丈夫です。ただ、正絹の着物がない状態でそれ以外の素材を買取してくれる業者はなかなか見つかりにくいでしょう。それだけ正絹の着物がメインで需要がある、ということです...