「着物」タグの記事一覧

出張買取は手軽に査定してもらえるのでよかったです

足腰が悪い祖母は、自分の足で着物の買取をお店で依頼する事ができないというので、自宅まで来て査定を行ってくれる業者を探しました。そこでこちらの出張買取サービスを利用しました。査定金額に満足できたのは勿論ですし、手軽に買取が済むところも素晴らしいと言えます。...

着物販売店時代の着物が想像以上の買取額に

以前、着物の販売店を経営していた父親が、処分し忘れた着物があるというので、その着物を買取査定に出すことにしました。量としては少なかったのですが、価値がある着物が数点あったみたいで想像以上の金額になりました。また機会があればこちらを利用したいです。...

着物の色合いが気になったけど査定してもらってよかった

少しばかり色合いが悪くなってしまっている着物を、出張買取サービスに出してみたいと母親が言うので、あまり期待をせずに査定してもらいました。しかし昔から人気のある貴重な留袖の着物だという事と色合いについては私の勘違いだったこともあって、想像以上の査定金額を提示してもらえて驚いています。ちょっとした色合いの変化があっても、これだけの金額を受け取れるとは思いませんでした。...

高値で売れる着物のショールのポイント

お出かけやお茶会で着物を着る場合などには、ショールを羽織る人もいるでしょう。ショールはシルクでできているものもあれば、毛でできているものもあり、材質もさまざまです。ものによっては有名ブランド品もあります。今回は、高く売れるショールのポイントについてご紹介します。 生地が高級である 高級な素材のひとつであるシルクには美しい光沢がありますが、生地に光沢があるとそれだけで高級感が増します。とりわけ成人式の振袖は鮮やかな色と華やかな模様の着物だけでも豪華ですが、ショールまで高級感があると一段と華やかに見えます。シルクなどの高級な素材は買取市場でも価値のあるものです。しかし、シルクは雨や虫食いに...

晴れやかな場所で締めたい!西陣織りの袋帯の魅力

袋帯は、訪問着や留袖など礼装に用いることの多い帯です。中でも、繊細な織り技法が人気の西陣織は礼装の袋帯として使用されることが多く、長く愛用する人もいます。西陣織の長い歴史と魅力を紹介しましょう。 袋帯は持っていると重宝な帯 帯の種類はいくつかありますが、袋帯は着物を着る機会がある人なら持っていることの多い帯です。帯の種類は半幅帯、兵児帯、名古屋帯、袋帯、丸帯などがあります。その中で普段着の着物に合わせるのが半幅帯、兵児帯、名古屋帯です。半幅帯と兵児帯は浴衣に合わせるものなので、知っている人も多いかもしれません。丸帯は帯の中でも最も格式が高いもので、一番の特徴は裏も表も柄が施されているこ...

着物を購入するときにこれだけは知っておきたい注意点

着物を買うにはデパートをはじめ呉服店やリサイクルショップ、フリマなどさまざまな選択肢があります。それぞれにメリット・デメリットがあるので目的に応じて使い分けるコツをお教えします。 一通りそろえたい初心者にはデパート 着物のほか、帯や草履など一式そろえたいと考えている初心者や、何を買いたいかはっきりと決まっていない人にはデパートが向いています。入りやすく、品ぞろえが豊富なデパートは、見る目を養うにも良い場所です。プレタ着物から高級品まで見ていくことで、段々と自分の感性に響くものも分かってきます。 すべての商品に価格と品質が明記されているので、それぞれの品を比較することで勉強にもなります...

着物におすすめの髪飾り3選

着物を着るときにどんな髪飾りが良いか悩む人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、着物姿によく合うものを厳選してご紹介します。成人式や結婚式の参列などで着物に合わせる髪飾りに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。 揺れるかんざし 和服の髪飾りの定番です。和服に合わせるものに迷ったらかんざしを選べば間違いないでしょう。ただ、飾りに珊瑚や翡翠など高級品をあしらったものはけっこう値段も張ります。購入するとなればそれなりにお金もかかるので、予算との相談も必要になってくるでしょう。かんざしには揺れるものとそうでないシンプルなものがありますが、見栄えがするのは揺れるものです。動きに合わせて揺...

自分に似合う和装の髪型とは?おすすめのスタイルを顔型別に紹介!

成人式や改まったお呼ばれなどには和装が似合うものです。和装をすることが決まると、当日の髪形や小物のコーディネートにワクワクする方も多いのではないでしょうか。そんな中でも印象を大きく左右するのが髪型です。和装で自分に似合う髪型が知りたいと感じている方も多いかもしれません。ここでは、丸顔・面長・ベース型・三角の顔型別に和装で似合う髪型をご紹介します。 ベース型や三角の顔型で似合う髪型 顔型がベース型の人の場合、顔まわりの髪の毛でエラの部分をカバーすると印象がソフトになり、トップにボリュームを出すと顔型が卵型に近づくのでバランスが整います。和装の場合には両サイドの髪の毛を少し取り、ふんわりと...